丹沢アートフェスティヴァル

2nd-ikiiki

イオン2016-300

イオン第2回活活祭ワークショップのお知らせ

・似顔絵作家山田花菜のこども似顔絵 参加費:1500円
お子様おひとり15から20分ほどでスケッチ風に似顔絵を描きます


・ワンダーホイッスルを作ろう 青山学院大学横山ゼミ 参加費:300円
子供から大人まで楽しめる笛作りワークショップ。ストローや木の枝を使ってワンダーホイッスルを作ってみませんか


・スタンプエコバック 斉藤泉 参加費:500円
染料をつけてエコバックにスタンプしアイロンで熱を加え定着させます。


・楽しい折り紙 上原エルトン 参加費:500円
折り紙のワークショップと手頭栗品販売


・切り絵と光 甘粕記代美 参加費:500円~1500円
幼い頃七夕祭りで買ってもらったまわり灯篭への思いを胸に切り絵と光を制作しています。


・ピカソになれ 多田敏子 参加費: 800円
世界に一つだけの絵を描く(オイルパステルで抽象画を)


・ハワイアンジュエリーを作ろう!他アクセサリー制作 マダムテエール 木曽泉 参加費:300円~1500円
ビーズ等を使ってあなただけのアクセサリーを作ろう


・バッグ 絵葉書 作品販売  工房南矢名
小酒井基紘君作品でオリジナルバッグや小物を作りました。


・古布を使った作品販売 よしみつ
すべてオリジナルデザインの服や和装アクセサリー小物です


WS-8GATU

イオンワークショップ8月-500

<<寄ってたかって物つくり>>
2016/07/29(金)ー08/05(金) 10:00ー17:00 ぎゃらりーぜん
ーー>こちらへ移動しました。

2nd-ikiiki

去年に続き今年も活活(イキイキ)祭を秦野イオンくすの木広場で開催します。

・ワークショップ応募申し込み用紙はこちらからダウンロード

DPP_6D活活祭095
・ファッションショー応募申し込み用紙はこちらからダウンロード

P9220444

詳細等は後日お知らせいたします。

stampphoto

2016抽選会1

STAMP

**お知らせ**
18日(水)三味線ワークショップ 13:00-15:00 (丹沢美術館)の様子が
FM湘南ナパサ[78.3MHz]にて放送されます。
********
↓クリックすると拡大画像を表示します。 <TANGEIのある風景> update--05/15

nobori-2-small

↓クリックすると拡大画像を表示します。update--05/13,  05/19collage13-500

 

***(43)松本古画研究所ーーオープンしました(〜5/8)。***

***(43)松本古画研究所ーー都合により開催日(5/1--5/8)が未定になりました。***

冬のトレンドを、イチ早くお届けします。

第2部 「丹沢アートフェスティヴァル手作りワンダフルワールド!」

手づくりだ~い好きをもっとうに、イキイキ人生を楽しんでいる方が
大集合!勿論モデルも初体験、9チーム40名のモデルの豪華競演です。

 

イオン秦野イベントニュースはこちら


**********************
<ネパールに想いをよせて>展開催 丹沢美術館 7月14(火)~19日(日) 11:00~18:00 (最終日/~17:00)
ーー>こちらに移動しました。

 

<アートフェスティヴァル義援金に関して御礼とお知らせ>

このたび第10回丹沢アートフェスティヴァルにおいて、 皆様からお預かりいたしました義援金は8月8日に 神奈川県県精連を通じて熊本県精連震災募金 (被災された障害者方々の施設援助)に45,798円 あしなが育英基金東日本大震災遺児支援基金 (遺児心のプログラム費用や一時金)に31,843円を お送りいたしました。

ご協力いただきました皆様にご報告とお礼を申し上げます。 有難うございました。

2016.8.10
丹沢芸術祭(TANGEI)参加ギャラリー 参加作家 スタッフ一同
++++++++++

< 第10回 丹沢アートフェスティヴァル開催にあたって>
なんと今年で丹沢アートフェスティヴァルが10年目を迎えることができました。我々スタッフ一同 本当にうれしく思います。そして皆様に心より感謝申し上げます。

利便性やツールばかりが先行し、人と人とが心を開いて向き合うことにあまりにも不器用になってしまった現代社会。 あらゆる分野で膿が出はじめていると強い危機感を持っています。
その中で私達は顔と顔をつき合わせ、語り合い、問題点を解決してきたつもりです。度々丁丁発止しながら喜びや苦しみを共有して参りました。しかし私達は完璧ではありません。沢山の間違いや行き届かぬ処もあるとは思いますがそれらも含めて精一杯の私達です。

秦野からスタートして、今ではseasideの大磯、二宮、平塚とエリアも広がりをみせています。海と山の波動がシェイクし共鳴する時、エネルギーは一層活性化しうねりになっていくと感じています。
これは観て下さる皆様と一緒に作り上げてゆくということです。人は素晴らしいです。人が紡ぎ作り出し たものは大量生産ではだせない心がこもっています。どうぞ一つでも多くの会場に足を運んでください。 そして感じてください。必ず素敵な出会いが生まれると信じています。 10年目のこの期が、より深く楽しい一ケ月となりますことを祈っています!! 出会いに乾杯!!

      丹沢アートフェスティヴァル実行委員会 会長 竹村 健